ケノン ミュゼ

MENU

ケノンでセルフ脱毛! 〜1ヶ月レポート〜

 

はじめまして。
新潟市に住む28歳主婦のJUNKOと申します。

 

毛量は多め、産毛も濃い目の体質です。
毛穴部分全てに、チクチクと刺さるような毛が生えます。

 

今回、ミュゼとケノンを両方共、体験しましたので、
その視点から両者を比較してみたいと思います。


 

まずは、ケノンの体験レポートから・・・

 

その前に、これがチクチクした毛が生えてくる毛穴たちです。(´Д⊂ヽ

 

今回使用する目的は勿論、脱毛です。
現在、脱毛サロンの「ミュゼ」に通い始めたばかりで、次の脱毛日まで期間が空いていたため、
以前からとても興味のあった「ケノン」を、次にミュゼで脱毛してもらう前に、使ってみようと思いました。

 

 

脱毛専門店であるミュゼでの経験もしているので、サロンと自宅脱毛とではどのような違いがあるのか、
また、メリットとデメリットを踏まえながら書いていこうと思います。

 

使う前の不安点について

初めて使うのはとても緊張しました。
説明書を読んだものの、それだけでは不安だったりします。

 

ネットでケノン体験者のアドバイスや、こうすると効果があるなどの情報を集めることをしました。
とにかく心配だったのは、痛みの具合。

レベルが調節できるので、まずは低めのレベルからやるのが基本ですが、
一度打ってしまうと次の脱毛まで最低1週間は空けなくてはならないため、
私の場合は最初からレベル10の1ショットで打つことにしました。

 

痛みはあった?なかった?

あくまで私個人の肌質での感想になりますが、レベル10で打ってみて、
毛の焼けるような焦げ臭い感じがあったものの、痛い!と思うような感覚はありませんでした。
具体的には、「あれ..?少しチクッとしたかな??」といった感じ。

 

ミュゼで脱毛してもらうとなると、まずは冷却ジェルを脱毛部分の全てに塗ります。
とにかくこれがストレス!冷たくて寒いし体がブルブルするし、それを我慢するのが凄く苦痛。。。

 

ですが、ケノンで脱毛する際には、予め保冷剤などで光を当てる部分だけを冷やせばいいので、
ぽかぽかに温まったお風呂上がりに行えば、なんの寒さも感じず両足分くらいは体が冷えずに行うが出来ました。

 

そしてもう一つ、痛みよりも気になったのは、照射時の光の強さです。
光がとても強いので、付属のサングラスをするのは意味がないかと。

 

なので、私はサングラスはせずにセフル照射に設定して、
打つ場所が決まったらその都度、目を思いっきり瞑って照射というスタイルにしました。

 

脱毛効果はどうだったか?

 

本当に毛が抜ける程の威力があるのかな?と不安でしたが、
それなりに効き目がありました。

 

結論から言うと、体の部位によって、効き目のあった場所となかった場所がありました。

 

私は産毛も濃いため、自分で手の届く範囲で、襟足や肩の後ろなどを含めて全身行いました。
産毛のような部分は、手間をかけるのが面倒で、冷やさずにそのまま照射。
すると2週間に入る前には鏡を見ると、照射した部分だけがツルツルになっていたのです。

 

手が届かず照射できなかった部分と比べると、境目がはっきりしてしまって恥ずかしいくらい。。。
しかし、赤いプツプツも少しできていたんです。
恐らくこの湿疹は冷やさずに行ってしまったためと思われます。

 

冷却しないほうが脱毛効果が強いですが、肌荒れしては困るので、必ず冷やしてから行った方がいいです。

 

そしてもう一つ失敗をしました。
両方の肘から上の部分なのですが、照射したところが少しずつ重なっていたようで、
その照射が重なったであろう皮膚の部分が、軽い火傷になってしまいました。

 

程度は酷くなかったのでオロナインを塗っていたら2週間くらいで治りましたが、
皮膚が焼けて2mmほど白くなってしまった箇所もあります。

 

自分では腕の裏側など確認しにくい部分が、このようになってしまう可能性があります。
ミュゼで脱毛のプロに施術してもらう場合はこのようなことはありません。

 

見えにくい部分を照射する時には誰かに手伝ってもらったりして下さい。
自分で行う場合には、とにかく慎重に、1つ1つを行うことをオススメします。

 

また、皮膚の薄い部分も同様に火傷になりやすかったです。
例えば、ひじの曲がる部分・ひざの裏・Vラインです。こういった皮膚の薄い部分は
最初は必ずレベルを下げて行い、慣れてきたらレベルを5以上にするなど調節を行った方が安全に行います。

 

もちろんレベルを下げれば脱毛効果も感じられず不満ですが、火傷して跡が残るようなことになれば、
一生取り返しのつかないことになるので、そこは慎重に行ってほしいです。

 

そして、私が何より脱毛したいと思っている部分である両足とワキ。
これらは剛毛なだけあって、とってもしぶといです。
1週間置きにレベル10で照射しましたが、効果が出てきたのは3週間経ってから。

 

それでもまた剛毛な毛が生えてくるので、これは半年程は照射し続けないと無理だと思いました。
めげずに1週間ごとに照射し続けて、3週間後になってようやく、
抜け初めて毛穴も目立たなくなり、肌がつるんとした印象になりました。

 

『ひじ下』ビフォー写真

 

『ひじ下』アフター写真

 

『ひざ下』ビフォー写真

 

『ひざ下』アフター写真

 

ミュゼでは1度の来店で、2週間後には毛がスルスルと抜けていくのが目に見えて分かりましたが、
ケノンの方ではいつまで経っても、毛が伸びてきてもスルスルと抜けないのです。

 

産毛の方はスルスル抜けたのに、剛毛な毛の部分が抜けない。
完璧なツルツル肌を目指すならば、長期戦で望むことになりそうです。

 

剛毛な人なら分かると思うですが、毛が多い人というのは、毛穴もブツブツとしていて
毛を剃った後でも、剃ったと分かるくらいとても目立つのです。

 

なので、根本的に毛を脱毛しないと、毛穴を小さくして目立たなくさせることは困難なのです。
ビフォーアフターの写真でも分かる通り、毛穴が目立たなくなったのが自分でも実感することができました。

 

脱毛サロンでは次の脱毛日まで間がかなり空くため(予約がなかなか取れない)、すぐに脱毛効果を実感したい人や、子育て中で出掛ける時間がとれない人など、自分のライフスタイルの中で自由に行うことができるのが、最大のメリット。

 

また、値段についても同様です。
脱毛サロンに通うとなればお店にもよりますが5万はかかります。

 

そして実際は、その値段では完璧に脱毛をしたという感覚まで、仕上げることができないため、
その後さらにお金出して、納得いくまで通うことになります。

 

それを踏まえると、納得行くまで脱毛し続けることができるケノンを購入した方が俄然お得だと思いました。

 

VIOに対する効果はどうだったか?

下半身ほど、人に施術してもらうのは恥ずかしいから、自分でケアしたい!
というのが本音ですよね。
けれど、温泉に入る時やサマーシーズンで水着を着る機会など、
1年で必ず1度は処理をしなくてはならない時期がくるもの確か。

 

しかしケノンであれば、誰にも見られることもなく、
自分だけでケアできるという嬉しいメリット。

 

ただ、とてもデリケートな部分であるので、照射する前にはしっかりと毛を剃り、
どんな風に毛を整えたいか考えて、照射のシュミレーションをしておくといいです。
そして照射レベルは5以下で行うといいと思います。

 

Iラインの後ろ側とOラインは自分で行うのはとても困難であり、粘膜に近い部分はとても危険であるため、
よっぽどの理由がない限りは行わないようにと、説明書やネットで体験談としても記載されていましたので、
なるべく行わない方がいいと思います。

 

私は、Vラインの産毛と下着ラインからはみ出る毛を中心に照射。
しかし、毛が濃いからなのか理想の効果は得られませんでした。

 

デリケートな部分ですから、本格的に安全に脱毛したいと思う方は脱毛サロンに通った方がいいと思いました。

 

美顔効果やシミ・毛穴に対する効果はどうだったか?

私はエステサロンで普段、フォトRFやレーザーフェイシャルを経験しているので、
それと比べてみての感想を書いてみます。 

 

まず、レベルはMAXで目元以外の部分全てを行った翌日。
特にこれといった効果は何も見られませんでした。

 

毛穴が小さくなる訳でもなく、シミやほくろが消える訳でもありません。
でも逆に言ってしまえば、これは当然だったりします。

 

ほくろやシミを薄くできるだけの威力がある機械でしたら、
まず一般家庭で扱えるように販売していませんから。
そしてそれほどの機械は看護師さんでないと施術することができません。

 

これはエステサロンに通っているからこそ、理解できる話ですが、
家庭で使用できる威力ですとこのくらいが限界なのだと思います。
数回で肌を再生させたいという方は、エステサロンに通って下さい。

 

ケノンは脱毛用として購入し、スキンケア用は付属でついてくるので、
おまけ程度として使用していく考えがいいと思います。

 

ケノン公式HPはこちらです

 

ケノンとミュゼの比較レポート

 

ここからは、主にミュゼの体験レポートをメインにしながら
その比較でケノンについて言及していきます。

 

ミュゼに決めた理由

脱毛店といえば、高級そうなエステサロンの名前も頭をよぎるのですが、
庶民に馴染みがあるのは、よく女性雑誌の広告ページや、電車の広告張り紙、
TVCMなどで安いを売りにしているミュゼではないかと思っていました。

 

「満足できるまで追加料金なしで受けられる!」なんて売り出し言葉に、ついつい釣られてしまいます。
もしこれが嘘だとしても、大々的に宣伝などしている大手の会社ですから、
詐欺のようなことはないだろうと見極めた上で、ネットでもクチコミ検索をしたりしながら、ミュゼに通うことに決めました。

 

 

そして自宅でケノンも使っているので、セルフケアと脱毛専門店との施術や効果の違いも知りたいと思っていました。

 

通う前の不安店

不安といえば、「照射による痛みがどのくらいあるのか?」ということ。
こればかりは施術してみないと分からないですよね。
何より気になっていたのは、金額設定やどのくらいの施術を行えば完璧に脱毛を終えることができるのか、でした。

 

店舗に通うとなると、このように気になることや考えること聞きたいことが山ほどあって、少し困るなと思いました。
その点、ケノンは一括や分割で購入してしまえば、コース料金などの不安は不必要ですし、痛みの加減も照射レベルで調節できるのでそこまで悩むことなく、気軽にスタートをきることができますね。

 

サロンの雰囲気

私が通ったのは、新潟の店舗です。
ネットで色々と調べていて知ったのですが、何百店と全国に店舗がある中でも、
お店によっては店員さんの対応(挨拶や接待時の表情)が悪いところもあったり、
説明不足な部分もあったりするなど、
通う店舗もまずは実際に行ってみてから決めるのが無難
だと思いました。

 

数年通うことになる訳ですから、店員さんとの相性も大事にした方がいいと思います。


勧誘

一番最初は、まず別室にてカウンセリングから始まります。
暑い夏だった当時、冷たいお茶を出して下さり嬉しかったです。

 

ゆっくりと1から脱毛のサイクルや施術の方法などの基本的な説明をして下さり、
部位やコース料金の説明にはいっていきます。

 

少しくらいは何かさりげなく勧誘されるのかな?なんて考えていましたが、
そんなことは一切ありませんでした。


初めて来店して、コースなどで悩んでいる私に対して「じっくり考えてから後日またご来店頂いても大丈夫ですよ」と、
親身になって声を掛けて下さり、わざと席を外してくれて「お決まりになりましたらまたお呼び下さいませ」と、
じっくりと1人で考える時間頂いたのは好印象でした。

 

こんな風に人とのコミュニケーションが重要ですが、ケノンでしたら勧誘の不安もないですし、
誰かにあれこれ言われて迷うこともないので、
あまり人と関わらず処理を済ませたいという方にはケノンがピッタリだと思います。

 

脱毛コース等の説明

勧誘されない!という安心をしたところで、次はコースの説明になりました。
ここは特に慎重になって決めるべきだと思います。

 

照射する回数を多くすればするほど金額もあっと言う間に十万は超えてしまうし、
まず何回照射すれば完全脱毛できるのかが予測できないからです。

 

そのため、スタッフさんが進めてくるのは、多くの方が選んでいるというコース(18万くらいするコース)。
しかしその時戸惑うのです。
自分はそんな回数を打たなくても完全脱毛できるかもしれないし、、など。

 

ですから、予めサロンに通う前には、これだけは決めておいた方がいいと思うことがありました。

  • どの部位を脱毛するのか、ハッキリと決めておく。 
  • 自分の出せる予算として、最高いくらまでかハッキリと決めておく。

これを決めていないでなんとなーく行くと、お金の感覚も揺らいでしまう場合があります。

 

いくつかの部位を脱毛すると、その時のキャンペーン内容でも変わってきますが、
ワキとVラインが無料で施術できることがあります。

 

私はそれでワキとVラインをタダで施術してもらってます。

 

脱毛を行う部位

私が脱毛している部位

  • 両腕の肘下
  • 両足の膝上
  • 両足の膝下

本当は足全部とワキだけのつもりでカウンセリングに行ったのですが、
足全部を行うことで、キャンペーン中のためワキとVラインは無料でついてきますよ!と言われたので、
ラッキーと思い、得した気分だったので腕も追加したのでした。

 

ケノンだと、デリケートゾーンに照射するのは少し怖いというか、
安全に照射できるのか不安になるしIOラインは火傷の危険性も言われているので、
使用しないで下さいと説明書に記載されていて実際には行うことができません。

 

人に見られるのは抵抗があるし、脱毛するのは水着を着た時に見えるVラインや
股下あたりで十分!という方は、ケノンで行う方が生理の時をずらしつつ自分のペースで行えるので、
恥ずかしい思いもすることなく照射できるのでいいと思います。

 

照射の痛みなど

ミュゼでの脱毛の痛みは、正直に言うとあります。 

 

個人差もありますが、ケノンでは慣れていたのでレベル10でも痛い!という感じはなく
チクっとする程度だったのが、ミュゼだとやはり照射機器も本格的になりますし、
自宅で脱毛できるレベルではないので、ああ..これは効いてるなと思うくらいのパチン!とする痛み。

 

毛の濃い部分であるVラインあたりはもっと痛いです。
どうやら太い毛ほど痛みを伴うとのこと。

 

さらに、照射する前には冷たいジェルを脱毛部分に塗りたくります。
これがとても冷たい!脱毛する部位の面積が広いほど塗りますので、夏でも寒いです。

 

施術する時間、少しの覚悟と我慢が必要になります。

 

これらが耐えられるか心配という方はセルフケアのケノンで地道に脱毛することをオススメします。

 

ケノンでしたら、毎回照射する四角い少しの面積だけを冷やせばいいだけなので、
冷却のストレスはそんなにないですからね。

 

スタッフのスキル

みなさん平等にスキルはあると思います。
勤め始めたばかりの方はわかりませんが、大体同じだと思って頂ければ。

 

また、スタッフさんは淡々と準備や照射を進めていきます。
心配なことは質問すると親切に答えてくれますが、
照射中は痛みの確認をする程度で余計な会話はほとんどしません。

 

向こうは向こうで照射する部分が重ならないように気をつけたり
集中しながらやっているので、おとなしく施術を受ける感じです。

 

今後通うための予約

初めてサロンに行く時はカウンセリングのみで施術はできません。
2回目の来店時にようやく施術となる訳ですが、カウンセリングの時に2回目の予約をお店でとってくれ、
3回目の施術の予約は自身でネットや電話を使い予約をとることになります。

 

しかし、この予約がなかなか思うようにとれないのが現実です。

 

スタッフさんからは3ヶ月後にまた来てくださいと言われますが、
その時点で3ヶ月後の予約はもう埋まっていることがほとんどです。

 

その場合どうするのかと言うと、センターに電話してキャンセル待ちをしたり、
ネット予約でキャンセルによる空きがでないかを
常に確認するといった行動をこまめにすることになります。

 

ズボラな人にはとても面倒に感じることかと思います。
ただ割とキャンセルは出るので、うまいこと早い日程で予約をとり続けていけるかが、
いかに早く完全脱毛する道となりそうです。

 

ケノンでしたら、予約などの心配は一切無用ですね。
この点はケノンにはどうあがいても勝てないでしょう。

 

施術の効果

施術の効果としては、やはり結果が違うなと思いました。
ミュゼとケノンの両方を経験しているからこそ分かるのだと思いますが、
ケノンで照射した部分では、同じように照射をしていっても、抜ける毛と抜けない毛があったりします。
見た目はまばらな感じですね。

 

ミュゼで照射してもらうと、たった1度の照射なのに2週間後くらいには照射した部分の全ての毛が、
気持ちいいほどにスルスル〜と勝手に抜けていきます。

 

毎回均等に抜けていき、肌が滑らかになるのが早いので、確実にしっかり脱毛したいのならミュゼ。
多少毛の抜け具合がチグハグであっても、自分のペースでコストを安く沢山の場所を脱毛したい!という
欲張りさんにはケノンがいいのではないかと思いました。

 

ミュゼに通ったことで、肌が滑らかになったのと毛の生える量や毛の濃さに変化あったので、
着実に完全脱毛に近づいてはいるかなと思います。

 

わたし以外のミュゼの体験レポートも参考にしたい方はこちらがよくまとまっています。
体験レポートの特集サイトです。

 

ミュゼの口コミ特集【ひょっとこ印】

 

現在の肌の様子がこちら。
だいぶ理想の肌に近づいてきて満足しています。

 

 

 

結論

手の届かない背中、素人では火傷の危険性があるIOラインを脱毛したい人は、ミュゼ。
コストを抑えて、時間をかけてでもいいから自分のペースで脱毛したい人は、ケノン。

 

自分がどの部位を脱毛したいかによって、どちらにするかが必然的にハッキリするかと思います。
またケノンは購入すると、おまけとして美顔器機能のカードリッジも付いてきますが、
そちらの効果はあまり感じなかったので、期待しない方が無難です。

 

ケノン公式HPはこちらです

 

ミュゼ公式HPはこちらです

 

ケノンとミュゼの比較まとめ

それぞれのメリット・デメリット

ケノン

ミュゼ

施術中の痛みやストレス 自分の加減(照射レベル)で打てる為、痛みはほぼ無し 冷却ジェルがとても冷たく、照射も痛みがあるため耐えなくてはならない
各部位の照射 二の腕の裏側や、太腿の裏側は一人で照射するのが少し大変。照射部分が重なると火傷になるので、慎重に時間を掛けて行う事に。また、背中は一人で行うことは不可能なため、誰かにお願いすることになります。 専門の人が丁寧に手早く行い肌荒れの心配もないためただ寝ているだけで終わりとっても楽。
費用 9万円代で全身脱毛が可能で尚且つまた毛が生えてきても再び費用を出す必要も、サロンに行く必要も無いため大変お得 脱毛部位と回数で値段が決まる。契約回数内で脱毛が終わらなければ、再び出費がかさむので脱毛範囲が広い人は不向き。
お手軽さ 好きな日・時間に脱毛ができてサロンに通う必要もない為、交通費も浮く。ただし、デリケートゾーンに使う際火傷などからの安全を確保するためIOラインは避けたほうが無難 自分の希望する日と時間に予約を取ることがとても難しい。指定された3ヶ月後に予約を取ろうとしても、実際4〜5ヶ月待つこともあり、キャンセル待ちは確実。また、交通費や通う時間も掛かる
脱毛回数 納得行くまで、好きなだけ照射ができる 予め回数を決めて契約するため、その回数内で脱毛しなければ別で追加費用が掛かる